布団の日本史

 

掛け布団=フスマ 敷き布団=タタミ

フスマというと現代では、建具の襖(ふすま)という事になるが、古代・中世では掛け寝具の呼び名だった。
これは、臥す・裳、がなまって、フス・マになったといわれている。これは、臥す(古代では寝る事をフスと言った)と裳(着物をモと言った)が合わさったのである。

 

また、タタミが敷き寝具の呼び名だった。
平安時代の寝殿造りによって、建物内全体にタタミが敷きつめられるようになって建物じたいが大きなベッドとなった。

 

江戸時代になると、掛け寝具=夜具(やぐ)、敷き寝具=蒲団・フトンと呼ばれるようになる。

 

しかし、フスマ・タタミ、夜具・蒲団は、富裕層の寝具であり、貧困層は、明治時代まで長らくムシロなどに寝ていた。

 

明治以降、木綿の蒲団が一般的になった。

 

戦後は、敷き寝具の代わりにエバーソフトなどのウレタンフォームが流行した。
掛け寝具は、羽根布団・羽毛布団・化繊が一般的になりつつある。

 

赤ちゃんと母親

現存する寝具は、ほとんど無いが…

聖武天皇が使われた寝具の他は、現存する寝具らしき物はほとんど無いが、古事記、万葉集などの文献や、絵巻、浮世絵などの絵画から、日本の布団史を発掘していこう。

 

絵巻物

寝具関連リンク

布団 セット - あなたにピッタリの布団セットが必ず見つかります。

 

布団 通販- 中間マージンを完全カットした感動プライス!子供からお年寄りまで安心してご使用いただける布団を通信販売させていただきます。

 

激安 羽毛布団 - フカフカのダウンが驚きの格安価格で販売されています。

 

 

フローリング 布団キングサイズ 羽毛布団涼しい シーツ羽毛布団 シングル